自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

親子で子供の安全について学ぼう!!

 8月3日(土)、中野ZEROホールで開催された「夏休み子供安全フェスタ」。梅雨明けとともに連日猛暑が続くなか、700名を超える親子が参加し、子供の犯罪被害防止、交通事故防止について、楽しみながら学びました。
夏休み子供安全フェスタ
 最初に登場したのは、お笑い芸人「田畑藤本」のおふたり。「科学のチカラで交通安全!」と題して、クイズ形式で、子供の交通事故が多い時間帯や、男女・学齢別の交通事故の発生状況について学びました。
 また、子供が交通事故に遭うのは、塾や習い事の行き帰りの時間帯も非常に多いことから、光が反射する仕組みを学んだ後、暗い道路では電気をつけたり、反射材を身に付けて、交通事故から身を守る大切さを学びました。
お笑い芸人「田畑藤本」による交通安全教室
お笑い芸人「田畑藤本」による交通安全教室
壇上でクイズに答える子供
壇上でクイズに答える子供
 第二部は、防犯教室です。子供たちが犯罪に巻き込まれないよう、保護者の皆さんと一緒に「いかのおすし」という防犯の合言葉とその意味について学びました。皆さんは「いかのおすし」ご存知でしたか?
いか⇒ついて「いか」ない の⇒車に「の」らない お⇒「お」おごえでさけぶ す⇒「す」ぐにげる し⇒大人の人に「し」らせる
 「いかのおすし」を学んだ後は、クイズ大会。出演者が色々なシチュエーションを演じ、正しい対応だったのか考えます。
 子供達は、元気よく手を挙げて答えていました。
元気よく手を挙げる子供達
元気よく手を挙げる子供達
 第三部は、お待ちかねのキャラクターショー。子供達は元気よく踊り、会場内は大盛り上がりでした。
 体験コーナーでは「自転車シミュレータ」を使って、自転車の安全な乗り方を体験しました。
 モニターを見ながら、セットされた自転車に乗り、左右の安全確認をしたり、危険な場面や安全な自転車の乗り方について学びました。
 たくさんのご参加ありがとうございました。
自転車シミュレーター体験
自転車シミュレーター体験

このページの関連カテゴリー