自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

安心で安全な街・六本木の「夜」の魅力を世界に発信

 このたび港区がスタートさせた「MINATOフラッグ制度」は、誰もが安全に安心して港区の夜の街を楽しめるよう、港区と区内の事業者や関係機関とが、連携して進める取組みです。
 港区の安全・安心の取組みに賛同・協力の意向を示した事業者(夜間営業店等)に「MINATOフラッグ」(下図参照)を交付し、交付を受けた事業者は「MINATOフラッグ」を店頭に掲げることで「安心・安全な店舗」であることの証にする仕組みです。
 本制度をスタートするにあたって、10月26日から11月3日まで区内各地でさまざまなイベントを実施する「MINATO NIGHT WEEK 2019」。この実施に先駆け、10月16日には、モデルの森星さんをゲストに招き六本木ヒルズでプレイベントが行われました。
武井雅昭区長
 今回のプレイベントに登壇した港区の武井雅昭区長をはじめとする関係者らは「この期間中はまさに、桜のジャージをまとった日本代表チームの躍進に沸くラグビーW杯の真っ只中。加えて、2020オリンピック・パラリンピックを控えた東京には、今後も国内のみならず世界中から多くの旅行者が訪れます。港区、なかでも六本木は日本を代表する繁華街。世界に向けて、その魅力を発信していきたい」などと決意を述べていました。
 東京都の小池百合子知事は、本イベントに際し「昼間はW杯やオリンピック観戦を楽しんだ来訪者に安心・安全なナイトライフを提供し、朝から夜まで一日中東京を楽しんでもらいたい」とのメッセージを寄せました。
 ゲストでトークショーを行ったモデルの森星さんは港区出身。
「私はよくお財布を置き忘れるんです」と会場の笑いを誘いつつ、「でも、いつも必ず戻ってきます。そういう港区のいいところが『MINATOフラッグ』という形になって、誇らしい気持ちになりました」などと述べました。
「MINATOフラッグ」について説明する港区担当者
 ※ 「MINATOフラッグ制度」について
 イギリスで実施し成果を収めた、安心して夜遊びできる地区を国が認定する「パープルフラッグ制度」を参考にしており、「MINATOフラッグ」を掲げている事業者は、「客引きを利用した営業は行わない」や「暴力団と交際せず、暴力団を利用しない」などの区の安全・安心の取組に賛同・協力している事業者であることを、「MINATOフラッグ」を掲げることで観光客等に知らしめます。このように行政と事業者が協力し、安全・安心の向上と夜の観光振興をともに進めていくのは、全国初の取組です。
 夜の繁華街は、事件やトラブルが発生するイメージがありますが、この「MINATOフラッグ」を目印に店を選べば、土地勘のない旅行者にも安全安心にナイトライフを楽しんでいただくことができます。

このページの関連カテゴリー