自主的な防犯活動を支援するポータルサイト。最新の防犯情報を提供します。身近な仲間を誘いあって、できることから始めてみよう。

メニューを飛ばして本文へ進む

ホームへ戻る

防犯情報マップ

防犯トピックス

防犯ボランティア活動

都内区市町村の取組

安全安心まちづくり条例

防犯設備の整備促進

子供の安全対策

ボランティアリーダーの育成

地域安全マップ

企業連携

警視庁の取組

FAQ・このサイトの使い方

お知らせ・イベント

防犯団体登録・メール登録・各種資料

お問い合わせ

オープンデータ

学生ランナーたちとともに防犯意識の向上を
~防犯ボランティアランナー委嘱式~

 令和元年7月20日、警視庁町田警察署において「防犯ボランティアランナー委嘱式」が行われました。特殊詐欺や子供・女性への犯罪被害の未然防止などの取り組みを推進していくことを目的に、ランニングを通じた地域の見守り活動を担う「防犯ボランティアランナー」として、青山学院大学陸上競技部長距離ブロックの選手のみなさんに委嘱しました。
 青山学院大学陸上競技部のみなさんに「ちょっとした変化」を気にかけてもらい、何かあれば110番通報するなどして事件・事故の防止に協力してもらおうという新しい試みです。
普段のランニングに防犯の意識を
普段のランニングに防犯の意識を

街をよく知っている目で見守り」

 町田警察署布施賢而署長は、「普段から街を走って、街の様子をよく見て知っているみなさんの目は、たいへん大きな力になると期待しています。駅伝は、たすきを伝えていく競技。みなさんの力で、ぜひ多くの若者に防犯のたすきを伝えてください。」と話されました。
 青山学院大学陸上部長距離ブロックの原晋監督は「40名前後の学生たちが市内の寮で生活しています。選手たちは毎朝5時から近所の公園で走っていますし、片道6㎞のキャンパスまでも走って通います。人の目があることは抑止力になると思いますし、何かしら変化や異常があれば選手たちも気づきますので、その際は情報共有していきたいと思います。町田市に住むひとりの市民として、微力ながらご協力させていただきます。」と力強く語っていただきました。
左から布施署長、青山学院大学陸上競技部鈴木主将、原監督
左から布施署長、青山学院大学陸上競技部鈴木主将、原監督

新たな防犯アイテムも登場

 東京都・都民安全推進本部高野治安対策担当部長は、「大学陸上界屈指の強豪校が、ランニングを通じて都民の見守りをしてくれる。これほど心強いことはありません。防犯ボランティアとはいえ、大事なのはランナーの皆さん自身の安全です。」と、青山学院大学陸上競技部のみなさんに、ランニングの際に装着するLEDアームバンドを贈呈しました。
 LEDアームバンドのボタンを押すと、鮮やかなブルーのLEDランプが点灯するため、特に夜間には大きな効果を発揮します。
LEDアームバンドを着装して(中央は高野部長)」
LEDアームバンドを着装して(中央は高野部長)
 委嘱式の後は、町田市民球場までランニングし、特殊詐欺被害防止を呼びかけました。
 青山学院大学大学陸上競技部のみなさんありがとうございました。

このページの関連カテゴリー